4輪アライメント メリット

DOG FIGHT PRO のアライメント

一般的にホイールアライメント調整はメーカーの規定値範囲内に合わせることが基本作業となります。これに対してDOG FIGHT PROのアライメントでは、サーキット等のスポーツ走行を視野に入れたアライメントをご提案できます。お客さまの「こんな走りを求めている」というご要望を聞き、ガタ等不具合がないか足回りの点検をし、クルマの状態を把握するところから始まります。さらにお客さまのリクエストの実現のため、必要であれば調整・試乗・測定を繰り返して行う特別なアライメント作業です。調整幅がたりない場合、車種によっては車検にも通る特殊アーム加工などにより対応が可能です。「より早く曲がりたい」「直進安定性を伸ばしたい」「ローダウンしてツライチセッティングしたい」「独自のスタイルでカスタムを極めたい」というようなこだわりのお客様から支持を得ています。

トー

 真上から見たときに、タイヤのつま先が車体に対してどう向いているかを示す数値がトー角で、「mm(ミリ)」あるいは「°(度)」で表します。トー角は、直進性とコーナリング性能に大きな影響を与えるアライメント数値のひとつで、一般的に前方がすぼまっている場合をトーイン、前方が開いている場合をトーアウトと呼びます。

キャンバー

 クルマを真正面から見たときに、垂直方向に対してタイヤがどう傾いているかがキャンバー角です。トーと連鎖して直進性とコーナリング性能に影響します。タイヤの上部が外側へ倒れている場合をポジティブキャンバー、下側が開いている場合をネガティブキャンバーと呼びます。車高を下げたりして角度が付きすぎると、タイヤが方ベリする原因になります。トーと調整することでキャンバーをねかしても方ベリを防止することも可能です。

キャスター

 クルマを側面から見たとき、前輪の軸は上部が後方へ傾いているのが一般的です。この傾きをキャスター角といい、角度を付けることで直進安定性を保つ役目を果たします。

4輪アライメントの予約をする↓